骨造成治療

あごの骨が薄くインプラントを諦めてしまった方へ

インプラントを埋入する際に、土台となる顎の骨には一定の高さや量が必要となります。
他院にて骨の量が足りない事や、上顎の骨の厚みが薄いことを理由にインプラント手術が難しいと言われた方でもご相談ください。

ソケットリフト

顎の骨が薄くても5ミリ以上ある場合に行う骨造成処置です。
上あごの骨にドリルを使って、穴を開けて上顎洞まで貫通する直前でドリルをストップさせます。

特殊な器具を使ってすき間なく骨移植材を詰めます。
これにより、骨が厚みを増し、インプラントを埋入した後の骨の強度を上げます。

サイナスリフト

骨が5㎜以下のような薄い上顎骨では、ソケットリフト法ではできない場合等に用いる治療法です。
ソケットリフト法のように下から骨を持ち上げるのではなく、歯茎の横か上顎洞に向けて穴をあけて横から上顎洞粘膜を押し広げてその隙間に自家骨、及び人工骨を入れて骨を増やす治療法です。

小林歯科医院モバイルサイト
患者の気持ち-足立インプラントセンター小林歯科医院
足立インプラントセンター求人情報はこちら
足立インプラントセンターDr.小林の一人言

蘇我こども・おとな歯科医院

そが駅前歯科医院

オーバルコート歯科室

JR西日暮里・改札口歯科

JR西日暮里・改札口歯科

ページトップへ