小児歯科
  • 一般歯科-歯が痛い・しみる
  • ホワイトニング-歯を白くしたい
  • 義歯・かぶせ物-入れ歯が合わない・かぶせ物がとれた
  • 予防歯科-虫歯・歯周病になりたくない
  • 歯科口腔外科-親知らず・あご痛み
  • 小児妊婦
  • 障害者歯科
  • 審美歯科-詰め物・被せ物を白くしたい
  • 矯正歯科ー歯並びが気になる
  • 訪問治療-ご自宅まで行きます

 

 

お子様の歯科治療

1) 小児の虫歯治療について  (痛みがあるときは極力注意を払います)

小林歯科では、キッズルームで十分に慣れてもらうことを優先にします。

また、ベビーカーのお子さんがいらっしゃるお母様も、そのままベビーカーを押して診療室に入っていただいてもかまいません。

本院の女性スタッフがお子様に付き添います。

2) シーラント

シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで塞ぐむし歯予防法です。

奥歯の溝は複雑な形をしているので、歯ブラシの毛先が入らず、そのために毎日歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがありますが、シーラントで奥歯の溝を塞ぐことにより、奥歯の溝のむし歯を防ぐことが可能です。

3) フッ素塗布

フッ素は歯質を強くして虫歯に対する抵抗性を高める効果があります。
虫歯を予防する上でのフッ素の作用は次のものがあります。

本院では、通常よりも更に甘いフッ素を利用する事で、従来の既製品よりも、小児の患者さんに抵抗を少なくなる様に努力しています。

このトレーに甘いフッ素が
入ってます。

 


 

4) 小児の歯並びについて

発育期には、お子さんのかみ合わせが上手に、合わない時が有ります。あごの発達による為ですが、成人になってしまうと、治療が困難になってしまう事も多く有ります。

本院では、矯正専門医による無料相談を月1回行なっております。もしお子様の歯並びが気になる様でしたら、お気軽にお申し出下さい。

5) 小児の定期検診について

定期検診では、虫歯予防、歯並びチェック、歯周病菌のチェックを行ないます。

これは、お口の健康を良い状態でキープするためには、一番欠かせないことです。定期的にチェックしていくことで、病気の再発や発症を未然に防ぐことができますし、もし、発見されても 3ヶ月に1度の定期検診をオススメしています。お子様の歯を守るため、定期的な検診をお勧めします。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

[ 6才児のお口の細菌の状態 ]
全く定期健診を行わなかった、
お子様の状態。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

[ 6才児のお口の細菌の状態 ]
3ヶ月に1回の定期検診を行い、
歯石、歯垢を除去します。

 

妊婦と歯科治療

妊娠期は女性ホルモンの影響により、虫歯をはじめ口腔内にトラブルが起こりやすい時期です。

ご自身の口腔内疾患に加え、歯周病菌・菌産生の炎症物質は、早産・低体重児出産の危険リスクとなり、虫歯原因菌は母子感染により生まれてくるお子さんの虫歯発症リスクを高めることとなります。

妊娠を期に、定期検診を積極的に受けることをおすすめします。

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

[ 普通の人 ] 20代女性

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

[ 妊婦さん ] 20代女性

同一女性の方ですが、妊娠すると細菌数が増加します。

妊娠期は口腔内のトラブルが起こりやすい

妊娠期は女性の一生の中で口腔内のトラブルが起こりやすい時期です。

その原因は主に次のように考えられています。

  • 1. 女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の分泌が増加することで細菌、口の血管系、細胞、免疫応答に影響を与え、また唾液の分泌量も変化する。そのため、虫歯・歯周病が起こりやすい環境となる。

  • 2. 食生活・ライフスタイルが乱れ、酸味の強い食品、清涼飲料、お菓子をとる頻度が高くなり、栄養摂取が偏りがちになる。

  • 3. 子宮の増大により胃が圧迫され、少量ずつしか食事が取れない状態になり、間食の頻度が増える。

  • 4. つわりにより十分な歯みがきができず、細菌性プラークが停滞する。

歯周病になると低体重児が生まれやすい?

早産歯周病菌による口内の炎症が胎児の成長に影響し早産を引き起こすことがあります。

歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、早産で低体重児を出産する確率が7倍にもなるというデータもあります。

歯周病の部位に生じた毒素が炎症起因物質を活性化します。

早産になる原因は喫煙や飲酒によっても高くなるといわれていますが、そのなかでも歯周病が圧倒的に高いといわれています。

小林歯科医院モバイルサイト
患者の気持ち-足立インプラントセンター小林歯科医院
足立インプラントセンター求人情報はこちら
足立インプラントセンターDr.小林の一人言

蘇我こども・おとな歯科医院

そが駅前歯科医院

オーバルコート歯科室

JR西日暮里・改札口歯科

JR西日暮里・改札口歯科

ページトップへ