障害者歯科

障害者歯科について

当院では、身体機能、知能、あるいは精神機能に障害があるために、通常の歯科治療に適応するのが困難な方への歯科治療も行っております。

一般的に、大学病院や総合病院の歯科や、公的な歯科診療所といった専門施設で治療を行っております。

 

障害者歯科って具体的にどのようなもの?

具体的には、歯科治療に慣れるためのトレーニングからはじめ、患者様ご本人やお付添いの方へ、障害の種類や状態、注意事項などをお伺いしその上で、適切な治療方法を判断し治療計画を立案します。

これらを踏まえ、実際の歯科治療(検診、治療、クリーニングなど)を行います。
また、必要な場合には静脈内鎮静法(麻酔によるリラックス療法)などを併用し、治療を行う場合もあります。

特にご高齢の方で、脳梗塞後遺症、心筋梗塞、糖尿病、高血圧、不整脈といった全身状態の合併症を患われている患者様の場合、術前に通院されている医療機関と連携し、全身状態を考慮しながら歯科の治療が円滑に行えるように治療計画を立案します。

絵カード

視覚からの情報伝達が優位と言われる自閉症の方などに、言葉かけに加えて絵カードを使った説明をすることで、スムーズに治療が可能な場合があります。

絵カード

TSD法

使う道具をTell(言葉で説明)、Show(実際に見せる)、Do(動かす)ことで、歯科の道具に対する不安感を払拭します。

AED(自動体外式除細動器)を導入しております。

当院では、AED(自動体外式除細動器)を備えており、不慮に起こる心臓病の発作にもすぐに対応できるようにしてあります。

これは、心室細動の際に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショックを与え、心臓の働きを戻すことを試みる為の医療機器です。

また、歯科治療中に不意に起こる全身状態の悪化にも、近隣の医療機関(病院など)との連携体制整えておりますので、安心して治療に専念していただくことができます。

小林歯科医院モバイルサイト
患者の気持ち-足立インプラントセンター小林歯科医院
足立インプラントセンター求人情報はこちら
足立インプラントセンターDr.小林の一人言

蘇我こども・おとな歯科医院

そが駅前歯科医院

オーバルコート歯科室

JR西日暮里・改札口歯科

JR西日暮里・改札口歯科

ページトップへ