一般歯科
  • 一般歯科-歯が痛い・しみる
  • ホワイトニング-歯を白くしたい
  • 義歯・かぶせ物-入れ歯が合わない・かぶせ物がとれた
  • 予防歯科-虫歯・歯周病になりたくない
  • 歯科口腔外科-親知らず・あご痛み
  • 小児妊婦
  • 障害者歯科
  • 審美歯科-詰め物・被せ物を白くしたい
  • 矯正歯科ー歯並びが気になる
  • 訪問治療-ご自宅まで行きます

 

 

出来るだけ痛くない治療へのこだわり

診察室

出来るだけ痛くない治療にこだわる小林歯科では、歯科医院の努力としていかにして痛みを低減させるかを主眼においております。その上で次の施術内容を行っています。

塗る麻酔をしっかり行います

塗る麻酔をしっかりきかせることにより、麻酔時の痛みを極力低くします。
これにより麻酔が奏効すれば、痛みなく快適に治療を受けていただくことが可能です。

33ゲージの非常に細い針を使用

国内で使用されている針の中でも特に細い針(33ゲージ)を使用することにより、針が入るときの痛みをやわらげます。

五倍速コントラの使用

歯を削る時や金属を除去するとき、鋭い振動があります。この振動を極力落とすために、このドリルを使用します。

麻酔液を体温に近い状態温めます

麻酔液を専用の機械で温めることで、痛みをやわらげます。

電動麻酔器の使用

注射の圧力を極力小さくします。

虫歯の原因について

虫歯は口の中の細菌が歯を溶かしてしまう状態を言います。

虫歯は2種類有り、急に進行する虫歯とゆっくり進む虫歯があります。
進行が早い虫歯は、治療を必要としますが、ゆっくり進む虫歯は、すぐに治療をしないで経過を追っていく事も必要かと思われます。

患者さんには虫歯がどのレベルにあるか、一緒に写真で確認して頂き、処置するにしても、治療前と治療後をしっかりと見て頂きたく思います。

今、どこの歯の虫歯を治療しているか分からない!という事をなくしていきたいと思ってます。

精密な歯の根の治療について

根管治療とは、細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気を治療・予防するものです。

細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたりクラウンをかぶせてしまうと、後々、痛みが生じる事が有る為、歯の根の治療は非常に重要な治療です。

患者さんには理解が得られにくい治療ですが、平均5回は通院をして頂きたく思います。ここで、急いでしまうと、細菌を全て除去する事が出来ず、細菌が拡大、増殖してしまい、結局再発を起こす可能性があります。

当院では必要に応じて最新CTを使用して、細かい根管がないかチェックを行います。

他院にて、痛みが引かないので
確認の為、歯科用CTを取りました。

虫歯菌さん

隠れた虫歯

かくれた根を発見できました。
患者さんの痛みも取れました。

 

 

ページトップへ

歯周病治療について

近年では、歯周組織再生治療により自分の歯を残しながら元の健康な状態に近づけることが可能になってきています。

当院では、歯周組織再生治療といった特殊な治療にも取り組んでおり、歯周病の方でも今ある歯を最大限残せるように努力いたします。

当院では位相差顕微鏡による細菌数の変化の確認を行い、将来、患者さんがどれ位歯を残せそうか説明を行い、薬による歯周病細菌の無菌化を目指していきます。

40代、男性

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

[ 施術前 ]
歯周病菌が多数確認できます

虫歯菌くん2

40代、男性

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

[ 施術後 ]
正常な菌のみ残します

 

歯周病と全身疾患の関係

歯や歯ぐきの健康は口の中だけでなく全身と関係しています。

口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むとさまざまな病気(心臓病、肺炎、糖尿病、早産等)を引き起こすといわれています。

肺 炎

歯周病菌が肺に感染し肺炎になることがあります。(特に高齢者の患者さんに多いです)

心臓病

心臓病が重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞(しんきんこうそく)や狭心症(きょうしんしょう)などを引き起こすことがあります。

また心臓の内側にある心内膜(しんないまく)の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎(さいきんせいしんないまくえん)になる場合もあります。

糖尿病

糖尿病の患者さんが歯周病にかかっていると血糖コントロールが難しくなり、 さらに悪化してしまう可能性があります。

早 産

歯周病菌による口内の炎症が胎児の成長に影響し早産を引き起こすことがあります。歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦と比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。

口腔内細菌数
Adobe Flash Player を取得

[ 妊娠前 ] 20代女性

→

Adobe Flash Player を取得

[ 妊娠後 ] 20代女性

 

小林歯科医院モバイルサイト
患者の気持ち-足立インプラントセンター小林歯科医院
足立インプラントセンター求人情報はこちら
足立インプラントセンターDr.小林の一人言

蘇我こども・おとな歯科医院

そが駅前歯科医院

オーバルコート歯科室

JR西日暮里・改札口歯科

JR西日暮里・改札口歯科

ページトップへ