歯科口腔外科

親知らずの抜歯について

歯科口腔外科では、親知らずの抜歯などを行っております。

しかしながら、親知らずでも痛みが出る場合と、そうでない場合が有ります。痛みが出るのであれば、抜歯を検討しますが、そうでなければ、経過を追っていく事も必要かと思います。

(誰だって、歯を抜くのはイヤですよね!)

親知らずを残すことで、清掃不良になり、歯肉炎や歯周病になったり、虫歯になったりする危険性があります。
それらの問題が親知らずに起これば、抜いてしまえば解決することですが、親知らずだけでなく、周囲の歯にまで歯周病や虫歯になってしまう危険性があります。そうなる前の予防として、そのような危険性があるお口の中の環境であれば、抜歯をご提案することもあります。

 

顎関節症について

顎関節症について

症状としては、顎がなる、口が大きく開かない、顎が痛いといった症状があります。

治療法として、専用に型取りをしたマウスピースを装着し、徐々に症状を緩和させて行きます。

また、症状によってはマウスピース治療の前に、口をまっすぐに空けて、あごの運動を行う開口訓練を行う場合もあります。

なお、特別な治療や手術が必要な場合には専門医療機関へのご紹介も行っております。


その他の口腔外科治療について

長期に根の治療をしても治らない、根の病巣を摘出する小手術を行います。

小林歯科医院モバイルサイト
患者の気持ち-足立インプラントセンター小林歯科医院
足立インプラントセンター求人情報はこちら
足立インプラントセンターDr.小林の一人言

蘇我こども・おとな歯科医院

そが駅前歯科医院

オーバルコート歯科室

JR西日暮里・改札口歯科

JR西日暮里・改札口歯科

ページトップへ