訪問治療
  • 一般歯科-歯が痛い・しみる
  • ホワイトニング-歯を白くしたい
  • 義歯・かぶせ物-入れ歯が合わない・かぶせ物がとれた
  • 予防歯科-虫歯・歯周病になりたくない
  • 歯科口腔外科-親知らず・あご痛み
  • 小児妊婦
  • 障害者歯科
  • 審美歯科-詰め物・被せ物を白くしたい
  • 矯正歯科ー歯並びが気になる
  • 訪問治療-ご自宅まで行きます

 

 

訪問治療について

訪問治療とは主に、介護を受けている方やお体が不自由で歯科医院へ通院が困難な方などを 対象にご自宅や介護施設へ訪問し、歯科治療を行うサービスです。

当院では「通院はできないが、歯科治療を受けたい」とご希望の患者さんのご自宅やお住まいの施設にお伺いして、ポータブルユニット、ポータブルレントゲンなどの設備により、医院と同じ治療を行います。

 

痛みがなくてもご相談を

外出が難しい方の場合、お口の中のケアがほとんど行われていないというケースもめずらしくありません。

また、初期の虫歯や歯周病は自覚症状が少ないため、痛みがなくても、お口の中が健康であるとは断言できません。
隠れて病気が進行している場合がありますので、早期発見・早期治療を行うために、訪問治療をおすすめします。

訪問日時・エリア

[ 足立区を中心に半径16Kmまで対応可能 ]

当院では訪問治療を行っております。

訪問治療が可能なエリアは当院を中心に半径16km圏内となります。

詳しくは一度お電話にてお問い合せください。

お問合わせ 03-3605-1428

 

[ ブラッシングと高齢者の全身リスクについて ]

歯や歯肉、顎、唾液腺、口腔粘膜には加齢に伴う変化が数多くみられます。高齢期に歯を失う本数が増える最大の理由は歯周病の増加です。

40歳を過ぎた日本人の80%は、歯周病にかかっているといわれ、心臓病、糖尿病、肺炎などの全身疾患と関連しています。日常生活の中で第一の口腔ケアは、歯磨き(ブラッシング)です。
毎日のブラッシングによるセルフケアが口腔疾患の最大の予防となります。


[ 担当医師 ]

工藤博

 

ページトップへ

よくある質問

質問

どのような方法で往診してもらえるのですか?

答え

訪問歯科専用の歯科機材(ポータブルユニット)を運んでの治療になります。
なお、治療内容によっては電気や水道をお借りすることもあります。
あらかじめご了承ください。

質問

急患対応は行っていますか?

答え

緊急の場合は柔軟に対応させていただきたいと考えています。
まずはご相談ください。

質問

費用について教えて下さい?

答え

保険診療扱いになりますので、それぞれの治療内容により費用は異なります。
くわしくはお問い合わせください。

質問

生活保護を受けていますが訪問治療を受けられますか?

答え

はい、医療券をお使いいただくことで訪問治療をお受けいただけます。

質問

介護施設に来てもらうことはできますか?

答え

はい、可能です。介護施設の方と連携して治療を行います。

障害者歯科

なかなか歯科治療を受けられない障害者の患者さんのために丁寧な治療を行っていきます。
患者さんとのコミニュケーションを第一に考え、できるだけストレスのない診療を心がけていきます。

治療内容に関してはご本人・ご家族(施設のご担当者)の方と相談の上、無理のない治療を行います。

また、障害者の方の口腔の健康については、普段からの予防やケアがとても重要です。
当院では虫歯や歯周疾患を防ぐために定期的なお口のケアも行っています。 どうぞお気軽にご相談ください。

障害者歯科詳しくはこちら>>

小林歯科医院モバイルサイト
患者の気持ち-足立インプラントセンター小林歯科医院
足立インプラントセンター求人情報はこちら
足立インプラントセンターDr.小林の一人言

蘇我こども・おとな歯科医院

そが駅前歯科医院

オーバルコート歯科室

JR西日暮里・改札口歯科

JR西日暮里・改札口歯科

ページトップへ